ホルモン剤を使うと太るって本当?

ホルモン剤を使用すると太るって聞くけど本当なのか?太る理由とは? - ホルモン剤を使うと太るって本当?

アーカイブ

ホルモン剤を使うと太るって本当?

rgsthsr更年期障害やアンチエイジング目的で、ホルモン剤を使用している方。
もしくは、妊娠しないようにピルなどを利用している方も多いのではないでしょうか。
そんな中で言われているのが、ホルモン剤を使用すると、体質が変わってしまい、太りやすくなってしまうなんてことが言われています。
こういった話は、話が広がっていく内に、誰かしらの勘違いによって作り話になってしまったケースが多いのですが、もしも本当に太ってしまうなら、ホルモン剤の使用も考えたいという方が多いことでしょう。
ここでは、ホルモン剤を利用すると、副作用で太るって本当なのかを紹介していきましょう。

そもそもホルモン剤とは?

そもそもホルモン剤って何?って方もいらっしゃることでしょう。
ホルモン剤は、体内で生成される女性ホルモンと同じような働きをしてくれる成分が詰まった薬です。
大きく分け、エストロゲンとプロゲステロンの二つがあるのですが、大抵のホルモン剤は、これらの成分のどちらか1つ、もしくは両方の成分が配合されています。
女性特有のPMSの症状や、女性だけの疾患である子宮内膜症や子宮筋腫といった婦人科の疾患の治療などに主に用いられています。

ホルモン剤の副作用は?

まさに女性のための薬なわけですが、副作用はないのでしょうか。服用はしたいけれどホルモン剤の副作用が気になる!という方多いのではないでしょうか?
報告されている副作用としては、吐き気や嘔吐。
不正出血や乳房のハリや痛みといったもの。
更には、頭痛やめまい、倦怠感やむくみ、そしてうつやイライラなどの精神の不安定などになります。
ホルモン剤を投与されると、体内のエストロゲンやプロゲステロンが体内で一時的に多くなりますから、こういった症状が見られると言われています。
簡単にいえば、妊娠した状態と同じようなホルモンバランスになってしまうために、妊娠初期段階で起こる特有の症状に似たものが現れるというわけです。
報告されている症状を見る限り、肥満になりやすくなるなんてことは報告されていませんね。
むしろ、吐き気や嘔吐といったものが報告されているわけですから、食欲とは真逆の症状と言え、太りやすくなる可能性は少ないと想像出来ます。

一部のホルモン剤では太ることもある

報告されている副作用では、吐き気などがあるため、太るなんて嘘だろうと思われる方もいらっしゃいますが、実は副作用によって太ってしまうホルモン剤も存在していると報告されています。
プロゲステロン系のホルモン剤で、このホルモン剤の場合には、プロゲステロンの大量分泌の影響を受けてしまい、肉体が一時的に栄養や水分を蓄えようとしてしまうからです。
こういった状態になってしまうため、体重が増加をしてしまうことになりますが、これはあくまでも一時的なもので、そのまま太り続けたり、体質が太りやすくなってしまって元に戻らないなんてことにはなりませんから安心しましょう。

ホルモン剤使用を辞めれば元に戻る

前述のようにプロゲステロンの影響で、肉体が栄養や水分を蓄えようとしてしまい、体重が増加した場合でも、ホルモン剤の服用をストップすることによって、栄養や水分が排出することが出来るため、元の身体に戻ることが出来ると言われています。
また、もう一つのパターンとして、身体が栄養を求めて食欲が高まってしまった場合には注意が必要です。
これは我慢をするしかありません。
沸き起こる食欲に促されるままに食べ物を摂取し続けていると、当然に肥満になってしまいます。
この場合には、ホルモン剤摂取による一時的な体重増加ではなく、食物の過剰摂取による体重増加になりますから、ホルモン剤をストップしたとしても、体重が戻ることはありません。
食べる量が増えたり、食欲が湧いてくる場合には、食事の摂取量を決めたり、カロリーを計算して、それを超えないようにコントロールするなどの努力が必要です。

更新情報

Copyright(C)2016ホルモン剤を使うと太るって本当?All Rights Reserved.